働く仲間にインタビュー!

4人のスタッフに1日のスケジュールと
4つの質問をしてみました。
みんなが思う「K Village Tokyo」とは?
「韓国語」を通じ、関わりのあるすべての方との
つながりを大切に考えています。

気持ち次第で大きく成長できる!

カウンセラー飯沼加奈

Q.韓国に興味をもったきっかけは?

学生時代、バイト先の先輩に教えてもらったK-POPの「BIGBANG」にハマったことが「韓国」に興味をもったきっかけです。釜山で開催する「BIGBANG」イベントに参加するため、韓国へ行ったりもしました。

日常会話レベルでしたが、上手くコミュニケーションがとれる度に、もっと知りたい!もっと話したい!という思いから、韓国へ留学を決め、ソウルへ2年間留学をしました。

留学先では、アルバイト先で知り合った友達と積極的に交流会などに参加し、多くの韓国人の方とコミュニケーションをとって韓国語を学ぶことができました。

韓国語を覚えると同時に、韓国の文化(アイドルや音楽)もより好きになり、「韓国」に関係する仕事がしたいと思うくらい、韓国自体が大好きになりました。

Q.どういう人が働いていますか?

ずばり韓国のアイドルや文化がとにかく好きな人が働いていますね。むしろ「皆」といっても過言はないです!そして「好きなことを仕事にしたい!」という気持ちの方が多いと思います。
K Village Tokyoだと、休憩時間は韓国のアイドルの話や新大久保の美味しい韓国料理のお店の話等、気づけば「韓国」の話になってますね。趣味の話を理解し合える環境は必然的に和気あいあいとなります。もちろん業務時間中は仕事をしていますよ!共通点が多い為、業務時間外は、休みの日でも集まってご飯を食べに行ったりしています。

Q.嬉しかったこと、やりがいは?

私は「ありがとうございます」という言葉が嬉しく、働くエネルギーです。お客様に無料レッスンを受けてもらい、入校後お客様の楽しそうな声が教室から聞こえてくることも嬉しくやりがいを感じます。他には、社外イベントで生徒さんに声をかけられ、気軽に話しかけてくれること等沢山嬉しいことはあります。

最近では、後輩スタッフの育成も担当をしています。相手のモチベーションを下げないよう、人に応じた育成指導を心がけています。たまに「私でいいのかな?」と不安にもなりますが、 何より社員同士が韓国好きという共通の趣味がある為、お互いの距離を縮める事ができ共に頑張れたことも嬉しかったです。

Q.今後挑戦したいことは?

今は業務上、人を動かしたり、まとめたりすることにやりがいを感じているので、直近の目標は校舎管理に挑戦したいと考えてます。分かりやすく言えば店長ですね。

また、韓国語を通じて人と関わることが好きなので、日本人と韓国人の友達作りをメインとした「交流会」を企画したいと考えています。 校舎は新大久保にあるので、本場に似た環境の中で、生徒さんたちには語学だけでなく韓国文化も併せて学んで頂き「韓国」について共感できる友達と出会える場を提供できたら良いなと思います。

日韓最大のコミュニティを一緒に創ろう!

採用情報