働く仲間にインタビュー!

4人のスタッフに1日のスケジュールと
4つの質問をしてみました。
みんなが思う「K Village Tokyo」とは?
「韓国語」を通じ、関わりのあるすべての方との
つながりを大切に考えています。

“おもしろさ”を見出すことへの好奇心

受付佐々木路花

Q.韓国に興味をもったきっかけは?

学生時代、人とちょっと違った個性的な服装を好むようになり、ある日たまたま買った服が2着ともハングル文字で書かれたタグが付いていて、「韓国の服ってかわいい…!」と思ったのが韓国に興味をもったきっかけです。

自分が好む系統の服装は、いわゆる韓国系ファッションです。服装に興味をもつと、そのブランドや好みの服を着きているモデルを知るので、そこからどんどん「韓国」にハマっていきました。

今でも韓国の服や雑貨・コスメなどを集めたり通販やSNSで見たり、かわいいものがあったら購入をするのが趣味です。またこのきっかけを通じ、辛い食べ物やチーズ等、新大久保にある韓国料理のお店も学生の頃から通っています。

余談ですが、男女ともにあっさりした顔(いわゆる塩顔)の方が多いのも魅力的です。(笑)

Q.どういう人が働いていますか?

とにかく韓国愛に溢れた方ばかりです!他のスタッフは韓国語はもちろんですが、生徒さんも韓国のアイドルや俳優、韓国文化に詳しい方がばかりで、韓国愛に溢れた環境です。

わたしはもともと人と話すことが大好きなので、スタッフや生徒さんと韓国についていろいろお話する機会があり勉強になっています。スタッフも生徒さんも語学だけでなく、好きなことや日常会話も話してくれる環境はとても素敵で大好きです。本当に仕事をするのが楽しい!と思える日々を過ごしています。

Q.嬉しかったこと、やりがいは?

レッスンを終えた生徒さんが、帰る際にどんなレッスンを受けたかを気軽に報告をして下さる時があります。決して流暢ではないですが、片言でも覚えたて「ほやほやな韓国語」で話してくれて、韓国語で通じ合った時の喜びは本当にやりがいを感じます。

私がご案内をした生徒さんが、授業のたびに少しづつハングルが読めたり、そして話せたりするようになる様子をスタッフとして日々身近に感じることができ、感動しています。

Q.今後挑戦したいことは?

生徒の皆さんが楽しいと思うイベントを私発信でどんどん開催したいです。「韓国語でアイドルのライブを鑑賞する上映会」や「新大久保で韓国の食べ物だけ!」などのイベント開催し、韓国をもっと好きになってもらいたいです。

前は婚活事業に取り組んでいたため、韓国好き同士の合コンとかも楽しそうと思っています。辛い物を食べて汗だくになるちょっと変わった合コンとか。そして何より生徒さんがもっと続けたい!と思っていただける校舎運営にチャレンジしたいです。

日韓最大のコミュニティを一緒に創ろう!

採用情報