仁寺洞(インサドン)で買えるお土産グッズあれこれ

仁寺洞(インサドン)で買えるお土産グッズあれこれ

ソウルの中でもっとも韓国の文化や歴史を感じられるエリアといえば、やはり地下鉄3号線「安国駅」からほど近い場所にある仁寺洞(インサドン)ではないでしょうか。 初めて韓国旅行に訪れる人なら、必ずと言っていいほどコースに組み入れる、ソウルきっての人気韓国スポットです。 メイン通りの両側にはお土産やさんがズラリと軒を連ね、平日、週末を問わずいつも観光客で賑わっている仁寺洞。いったいどんな品物を買うことができるのか、さっそく通りを歩いて見ましょう!

この記事の目次 ・ソウルを代表する観光スポット・仁寺洞 ・通りには韓国らしいお土産がたくさん! ・自分に買いたいお土産も見つけちゃおう! ・ひと休みするならココがおすすめ♪「O’sulloc TEA HOUSE 仁寺洞店」 ・まとめ

ソウルを代表する観光スポット・仁寺洞

仁寺洞のメインストリート「仁寺洞キル」へ行くには、安国駅の6番出口を利用するのが便利です。少し歩くと観光案内所がある広場が見えてくるので、そこから左に入って行けばもう仁寺洞キルの入り口です。 景福宮(キョンボックン)や昌徳宮(チャンドックン)などの古宮からほど近い場所にある仁寺洞は、もともと朝鮮王朝時代に王宮に勤める両班(ヤンバン)たちの屋敷があった場所。その後、時代の流れにより生活が苦しくなった両班たちがこの場所で自分たちの持ち物を売る店を開き始めたことで、骨とう品店が集まる町となっていったのだそう。 そんな仁寺洞では現在でも骨とう品店をはじめ、古美術品や陶磁器を扱うお店などがたくさん軒を連ねていて、昔の面影を垣間見ることができます。 そこへカフェやお土産店、ギャラリーも増えたことから、通りはいつも多くの人で賑わうようになり、ソウルを代表する観光名所となっていきました。 特に週末には道路の幅いっぱいになるほどたくさんの観光客が押し寄せます。 日曜日は歩行者天国になっているようですが、他の日は車やバイクも通るので、通行には気を付けましょう。 でもたまに日曜日でも車が入って来るのを見かけますけど・・・なぜ?!(笑) 仁寺洞ギルの中央付近にある「サムジギル」は現代の仁寺洞のランドマーク的な施設。 個性的なショップがたくさん入っていますよ! サムジキル内の広場には、かの有名な「うんこパン」のお店があります。 仁寺洞散策で小腹が空いたときにいかがでしょうか?(笑) 仁寺洞の魅力は仁寺洞ギルだけじゃありません。メインの通りから1本裏に入った静かな路地には古い韓屋を改装したお店も多くあるので、雰囲気満点の散策をすることができますよ!

通りには韓国らしいお土産がたくさん!

そんな歴史ある仁寺洞では、他のエリアではなかなか探すことが難しい、韓国らしいお土産やグッズを取扱っているお店がズラリと並んでいます。 さて、仁寺洞ではどんなものが売られているのでしょうか?ちょっと覗いてみましょう!

韓国らしいデザインの小物

仁寺洞を歩いていて1番たくさん売られているのが、韓国らしいデザインで華やかな色彩の小物たちです。 ポーチや巾着、かんざしなど、どれもとても可愛らしいものばかりで、どれにしていいか本当に迷ってしまいます・・・。 特に巾着は2,000ウォン代からあるので、大量にお土産を買わなくてはいけない!という人には嬉しい商品ですね。 巾着の中にお菓子などを入れてお土産にするのも喜ばれますよ~! クッションカバーが5,000ウォン!安い! 手提げかばんも8,000ウォン!小銭入れも可愛い♡ 色合いが本当にキレイです♪ついつい買い過ぎちゃう。 あ、これカワイイかも! 王妃の服のしおり。読書が好きな方へのお土産にいかがですか?

絵葉書・カード

メインのお土産と一緒に、韓国らしい素敵なカードにメッセージを添えて贈るのもおしゃれです。 特にオススメなのは、カードにチマチョゴリをデザインしたもの。 とってもカワイイでしょ? 写真立てに入れてお部屋に飾るのも良さそうですネ! 価格は1,500~2,000ウォンほど。大人買いしちゃいそう!

扇子・うちわ

仁寺洞では、伝統的な絵が描かれたものや韓紙で作られた扇子やうちわもたくさん売られています。 露店では1つ2,500~3,000ウォンほどのお手頃価格のものがほとんどですが、専門店には数万ウォンの高級品も!

韓国料理グッズ

韓国で食事をしながら、「あ、これ欲しいかも!」と思いませんでしたか? 実は1個2,500ウォンほどと意外と安く買えるんですよ~。 これで食べれば家での食事も本格的な韓国料理に大変身?! こんな素敵なスジョ(箸とスプーン)のセットも!

ハングルグッズ

ハングルが書かれているグッズって何だかカッコいいですよね? ありますよ~、ありますよ~!仁寺洞にはハングルのグッズがたっくさんあるんです! まずは封筒。 え?どこで使うのかって? ・・・それは後から考えるとして、とりあえず可愛いから買っておきましょう(笑) 観光客に人気なのが「ハンコ」! 自分の名前をハングルにして、オリジナルのハンコを作っちゃおう♪ ハングルスカーフ!(笑) 意外におしゃれかも?!ブランドっぽいロゴに見えなくもない・・・。

おもしろグッズ

ちょっとウケをねらいたい時には、こんな商品はいかがでしょうか? おもしろ靴下。 辛ラーメンや「江南スタイル」でお馴染みのPSY(サイ)の靴下まであります。 ウケそうですが、履いてもらえるかどうかは・・・ビミョーですね(笑) 今、若い人たちに人気の黒いマスクはもともと韓国で流行していたもの! 最近では黒いマスクから進化して、こんな可愛いマスクも登場しています。 去年の冬、韓国では紐を握ると耳が立つ帽子が一世を風靡しましたが、実は夏バージョンも出ているんです! これをかぶれば注目の的になること間違いナシ!お子さんのいる人へのお土産に♪ レトロ感がたまらない韓国トランプ。

自分に買いたいお土産も見つけちゃおう!

たくさんの伝統的なお土産品が売られている仁寺洞。韓国に来た思い出に、自分にもなにかお土産になるものを買ってみませんか?

スカーフ

仁寺洞ギルにはなぜかたくさんのスカーフ屋さんがあります。 1枚5,000~とリーズナブルで、お店によっては3枚で10,000ウォンなんてところも。 こちらは大判のハンカチを売っています。 これでお弁当を包むととっても可愛いんですよ!

韓紙

仁寺洞で外国人観光客に人気の商品の1つに、韓国伝統の紙「韓紙」があります。 独特の風合いをもつ韓紙は、ラッピングの素材としても人気があるんだそう。 通りにはたくさんの韓紙専門店がありますので、お気に入りのデザインを見つけて下さいネ! アイディア次第でいろいろと使えそう!

韓菓

仁寺洞ギルの仁寺洞十字路付近に毎日屋台を出している「仁寺洞カンジョン」は、韓国の人気番組「生活の達人」でも紹介された韓菓の名店です。 韓服を着た美人社長が手作りするカンジョン(1口サイズのおこし)はサクサクでとっても香ばしいんですよ~♪素朴で優しい、とっても懐かしい味です。 試食もあるので、是非その味を確かめてみて下さいね。 仁寺洞で韓菓を買うなら、ココが1番オススメです!

絵画&書、陶器

古美術の街・仁寺洞を訪れたなら、韓国らしい美術品の1つくらいは欲しいなぁと思いませんか?でも、気になるのはお値段ですよねー? もちろん本当に高価なものありますが、観光客でも気軽に買えるものもたくさんあるんです。 通りにオープンになっているお店なら安心して買えますね。 ステキでしょ? 個人的にはこの絵に興味アリ!(笑) ちょっとセクシーな絵も♡ 書も素敵ですよ! これを書いているおじさんはテレビで紹介されたこともあるようです。 仁寺洞は筆も有名なんですよ~。 青磁や白磁はなかなか買えませんが、こんな陶器なら気軽に買えちゃいますね! 食器も良いですが、最近は一輪挿しやお香立てが人気のようです。 動物の置物を売るお店も。これはカワイイ!! わはは!う〇こまで再現されてます。

お面

もっとディープな韓国を買って帰りたい!という場合には、こんなお面もありますよ! お面を買うほど勇気が出ない人はピンバッチで・・・(笑)1個1,000ウォンでした。

ひと休みするならココがおすすめ♪「O’sulloc(オソルロッ) TEA HOUSE 仁寺洞店」

仁寺洞散策での休憩に便利なのが、「O’sulloc(オソルロッ) TEA HOUSE 仁寺洞店」です。 韓国を代表する緑茶ブランドで知られているO’sullocのカフェでは、済州島の自社農園で栽培した茶葉を使ったメニューを楽しむことができます。 店舗の2~3階がカフェになっていて、利用する際はまず1階奥のカウンターで注文を済ませてから2、3階に上って行きます。でも満席の場合があるので、先に席があるかどうか確かめてからの方がいいですよ! 緑茶や済州島のハルラボン(デコポン)を使ったカフェメニューがラインナップされています。 抹茶やほうじ茶のソフトクリームも♡

O’sulloc(オソルロッ) TEA HOUSE 仁寺洞店/오설록 티하우스 인사동점

住所 ソウル特別市 鍾路区 仁寺洞ギル 45-1
電話番号 02-732-6427
営業時間 10:00~22:00(年中無休)

まとめ

たくさんのお土産店が並び、とっても見ごたえのある仁寺洞。600mくらいの通りにもかかわらず、あちこちお店をのぞいているといつの間にか半日過ぎていた・・・なんてことも。 ついついお店だけに目が行ってしまいがちですが、ふと上を見上げると通りの両脇にある木がとても大きくて、ここがとても歴史ある場所だということを感じることができます。 そんな独特な雰囲気を感じながら、ソウルでもっとも韓国らしいお土産品が並ぶ仁寺洞の街で、お気に入りの品を探してみてくださいね! [blog_school_all]
コメントは利用できません。

日韓最大のコミュニティを一緒に創ろう!

採用情報