【韓国の新名所?】韓国のマンハッタン?!高層ビルが立ち並ぶ仁川松島新都市で1日たっぷり遊んじゃおう!

【韓国の新名所?】韓国のマンハッタン?!高層ビルが立ち並ぶ仁川松島新都市で1日たっぷり遊んじゃおう!

韓国を訪れた経験がある人はもちろん、韓国に詳しくなくても「仁川(インチョン)」という都市名を1度くらいは耳にしたことがあると思います。 でも仁川の「松島(ソンド)国際新都市」を知っているという人は、それほど多くはないのではないでしょうか? 韓国が国を挙げて推進している、北東アジアでの経済中心実現戦略・IFEZ(インチョン経済自由区域)エリアである松島は、仁川空港からのアクセスは簡単なのですが、ソウル中心部からは1時間半ほど時間がかかるとあって、観光客にはまだあまりメジャーにはなっていません。 でもこの松島、実は1日中いても時間が足りないくらい見どころたくさんの場所なんです! エリアの全てが埋立地という松島は、どこを見ても真新しい建物ばかり! 高層ビル群に囲まれながらも緑が多いこの地区は、ソウルとはまた違った雰囲気を楽しむことができるんです。 では、さっそく仁川・松島へプチ旅行に出かけてみましょう!

この記事の目次 ・高層ビルと韓屋のコラボ!運河が流れる大規模公園「セントラルパーク」 ・ポップなインスタ映えデザート「Bless Roll(ブレスロール)」 ・駅直結で楽々アクセス!「現代プレミアムアウトレット」でお買い物♪ ・アウトレットからそのまま「TRIPLE STREET(トリプルストリート)」へGO! ・1日の終わりはロマンチックな松島の夜景で! ・まとめ

高層ビルと韓屋のコラボ!運河が流れる大規模公園「セントラルパーク」

グローバル企業のビルと高層マンションが立ち並ぶ松島。その中心に位置するのが、広さ31万余㎡という巨大な敷地の「セントラルパーク」です。 様々な施設が整っているこのセントラルパーク周辺は、週末にはソウルや地方都市からもたくさんの人々が訪れる仁川屈指のレジャースポットとなっています。 公園内には運河が流れ、貸しボートや水上タクシーなども運行しているほか、季節ごとに違う表情を見せてくれる花や樹木、そして公園の一角には韓屋村もあり、ここだけでもすでに見ごたえ充分です! では、まず公園の様子を見て行きましょう。 穏やかな公園の中にいながらも、周りには超高層ビルが立ち並ぶ不思議な光景です。 中央に見えるひときわ高い建物は「北東アジア貿易タワー」。 近くで見ると、その高さに圧倒されます。 ボートもいろいろな種類がありますね。 韓国らしい(?)レインボーな傘が付いたボートは、透明になっていて水の中が見えるようですよ! セントラルパークの南側の一角は「韓屋村」になっています。 「韓屋村」と名付けられていますが、実は食堂とホテルなので、建物の内部は自由に観覧することができません。 でも、外観だけでも雰囲気は十分楽しめますね! カフェチェーン店の「HOLLYS COFFEE(ハリスコーヒー)」もありました! ここなら気軽に入れそうです(笑)。 松島が“韓国のマンハッタン”と呼ばれる理由は、「セントラルパーク」という名前の公園があるからだけではありません。 仁川空港から松島に向かう場合には仁川大橋を通らなくてはならないのですが、その際仁川大橋から見える松島の景色がまさにマンハッタン! 夜はさらに綺麗な景色を見ることが出来るんですよ!

セントラルパークへのアクセス

仁川地下鉄1号線「セントラルパーク駅」下車、3番出口から徒歩1分。 または、仁川シティツアーバス利用「セントラルパーク」停留所下車。 仁川空港から直接来る場合にも仁川シティツアーバスが便利です! 仁川大橋を通って来るので、先ほどの写真のような素晴らしい景色を見ながら来ることができますよ! 仁川シティツアーバスの詳細はこちらで確認できます。 (日本語) 「セントラルパーク駅」3番出口からすぐのところには観光案内所があるので、地図やパンフレットはここでゲットしましょう! そして観光案内所の隣には「仁川都市歴史館」があります。 ここはなんと入場無料!これは是非立ち寄ってみなければ!

仁川都市歴史館

住所 仁川広域市 延壽区 松島洞 24-7
電話番号 032-850-6000
営業時間 9:00~18:00(1/1、毎週月曜休館)

ポップなインスタ映えデザート「Bless Roll(ブレスロール)」

セントラルパークの北側に向かうと、たくさんのレストランやカフェがあるのですが、まだあまり建物がない南側にも可愛いカフェがありましたよ! 「Bless Roll(ブレスロール)」は、韓国の地方都市・大田に本店があるカラフルなデザートで有名なカフェです。 見ているだけでもとっても楽しい気分になっちゃうスイーツたち♪ これぞまさに「インスタ映えスイーツ」ですね! 食べるのがもったいない・・・けど、スイーだから食べないとダメですね(笑)。 なめらかな口当たりのソフトクリームも人気です。

Bless Roll(ブレスロール)

住所 仁川広域市 延壽区 松島洞 98-2
電話番号 032-886-5588
営業時間 8:30~22:30

駅直結で楽々アクセス!「現代プレミアムアウトレット」でお買い物♪

セントラルパークで野外を満喫した後は、屋内に移動してショッピングを楽しんじゃいましょう! ソウル近郊にあるアウトレットは、地下鉄を利用して行くのは難しい場所にあるところばかりなのですが、ここ松島にある「現代プレミアムアウトレット」は仁川地下鉄1号線「テクノパーク駅」直結となっていて、アクセスがラクラクなんです! ちなみにセントラルパークからだと桂陽(ケヤン)方面へ3駅移動すればOKです。 仁川シティツアーバスの場合、「海ライン」だと反対周りになってしまうので、「シティライン」に乗り「トリプルストリート」で下車すると効率的に移動できますよ! アウトレットにもかかわらず、B1Fには大きなフードコートやパン・スイーツ店、ワインショップなど、デパ地下さながらの光景が!

現代プレミアムアウトレット

住所 仁川広域市 延壽区 松島洞 168-1
電話番号 032-727-2233
営業時間 10:30~21:00

アウトレットからそのまま「TRIPLE STREET(トリプルストリート)」へGO!

現代プレミアムアウトレットの道路を挟んで隣に位置するのが、ショッピングモール「TRIPLE STREET(トリプルストリート)」です。 こちらには「JAJU」や「NoBrand」など、普段はEmartでしかお目にかかれないショップもあります。 こちらもB1Fはレストラン街になっているのですが、地下でつながっている現代プレミアムアウトレットと合わせると、かなり巨大なレストランタウンとなっています。

京城ハンバーグ

お手頃価格でふわふわのハンバーグセットが食べれる「京城ハンバーグ」は、TRIPLE STREETの中でも人気のレストランです。 レトロな雰囲気の店内もステキ♪

TRIPLE STREET(トリプルストリート)

住所 仁川広域市 延壽区 松島洞 176-1
電話番号 032-310-9400
営業時間 10:30~22:00

1日の終わりはロマンチックな松島の夜景で!

ショッピングも終わり、外はもう真っ暗・・・。 だからと言って、そのまま地下鉄に乗って帰ってしまっては、せっかく松島に来た意味がありません! なぜなら松島は夜景がめちゃくちゃ綺麗だからです! どうですか?この夜景を見ずに帰ったら、後で後悔しちゃうでしょ? 少し面倒でも、またセントラルパークに戻って夜景を見るのがオススメです。 セントラルパーク駅から徒歩7分の場所に「Gタワー」というビルがあるのですが、ここでは33階にあるIFEZ広報館の展望室が無料で開放されています。 高い場所から見る夜景はまた格別で、ライトアップされた仁川大橋も見ることが出来ますよ!

IFEZ広報館 展望室

住所 仁川広域市 延壽区 松島洞 24-4 Gタワー33階
電話番号 032-453-7882
営業時間 月~金10:00~20:00/土日10:00~18:00

まとめ

いかがでしたか? ソウルじゃなくても、こんなに楽しめる場所がまだまだ韓国にはたくさんあるんです! ソウルに比べると人や車も少なく、まだ空き地もチラホラ見える松島は、よくドラマの撮影も行われています。 テレビを見ていると「あ、ここ松島だ!」なんてこともしょっちゅうあるので、韓国ドラマファンの人にもオススメの場所ですよ!。 すべてが新しく、昼も夜もキラキラ輝いている松島国際新都市。 次の韓国旅行では、ソウルからちょっと足を延ばして、1日中楽しめる近未来都市を訪れてみませんか?
コメントは利用できません。

日韓最大のコミュニティを一緒に創ろう!

採用情報